内田 和成

内田 和成 (うちだ かずなり)

競争戦略論やリーダーシップ論を教えるほか、エグゼクティブプログラムでの講義や企業のリーダーシップトレーニングを実施。「未来を予測する最良の方法は自ら創り出すことだ Alan kay」

内田 和成

肩書き

早稲田大学大学院商学研究科 早稲田大学ビジネススクール 教授

出身、ゆかり

東京都

出演形式

講演、トークショー

キーワード

#競争戦略#仮説思考#ゲームチェンジャー#マネジメント・経営・経済#リーダーシップ

ジャンル

経営・ビジネス経営・マネジメント、マーケティング・業界、人材育成、リーダーシップ
業界・トレンドAI・技術革新・IT

主な講演テーマ

20の引き出しと仮説思考

スパークする思考 ~ 右脳発想の独創力 ~

異業種競争戦略 ~ビジネスモデルの破壊と創造~

いま求められるリーダーシップ

デコンストラクション3.0 :既存事業の戦い方

次世代リーダーの条件

講演料

応相談

お問い合わせ・ご相談ください。

プロフィール

東京大学工学部卒、慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空株式会社を経て、1985年ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から2004年12月まで日本代表。2009年12月までシニア・アドバイザーを務める。

BCG時代はハイテク・情報通信業界、自動車業界、金融業界など幅広い業界で、全社戦略、事業戦略、マーケティング戦略、IT、新規事業戦略など多岐にわたる分野のコンサルティングを行う。

2006年4月、早稲田大学院商学研究科教授就任(現職)。2007年4月より早稲田大学ビジネススクール教授。競争戦略論やリーダーシップ論を教えるほか、エグゼクティブプログラムでの講義や企業のリーダーシップトレーニングを実施。三井倉庫取締役、キユーピー監査役など。

ブログ:「内田和成のビジネスマインド」:http://uchidak.cocolog-nifty.com/

主な実績

書籍