ドミニク・チェン

ドミニク・チェン (どみにく ちぇん)

科学的、行動学的知見、心理学、哲学的な洞察から、新しいコンピューティングのあり方を提唱する。
「人がよりよく生きるための情報技術」

ドミニク・チェン

肩書き

早稲田大学文学学術院・表象メディア論系准教授、株式会社ディヴィデュアル共同創業者、NPOコモンスフィア理事

出身、ゆかり

東京都、海外

出演形式

講演、その他

キーワード

#人工知能#テクノロジー#情報学#人材育成#ビジネススキル

ジャンル

経営・ビジネスイノベーション・IT
キャリア・教育起業・スタートアップ
業界・トレンドAI・技術革新・IT

主な講演テーマ

ウェルビーイングに基づく組織デザイン

日本的ウェルビーイングの設計の可能性

その他のテーマもご相談ください。

講演料

応相談

お問い合わせ・ご相談ください。

プロフィール

1981年生まれ。博士(学際情報学)。NTT InterCommunication Center[ICC]研究員を経て、NPOコモンスフィア(クリエイティブ・コモンズ・ジャパン)理事、株式会社ディヴィデュアル共同創業者。2017年より早稲田大学文化構想学部准教授。
2008年度IPA未踏IT人材育成プログラム・スーパークリエイター認定。NHK NEWS WEB第四期ネットナビゲーター(2015年4月~2016年3月)。2016年度よりグッドデザイン賞・審査員兼フォーカスイシューディレクターを務める。

著書に松岡正剛との共著『謎床:思考が発酵する編集術』(晶文社)、『電脳のレリギオ』(NTT出版)、『インターネットを生命化するプロクロニズムの思想と実践』(青土社)、『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック クリエイティブ・コモンズによる創造の循環』(フィルムアート社)等。訳書に『ウェルビーイングの設計論:人がよりよく生きるための情報技術』(BNN新社)『シンギュラリティ:人工知能から超知能まで』、『みんなのビッグデータ:リアリティマイニングから見える世界』(共にNTT出版)。

主な実績

書籍

ノビテクマガジンのコラム